高見馬場歯科 〜根管治療で生涯自分の歯〜   裏側からの矯正、セカンドオピニオン〜

矯正の種類

当院では数種類の矯正装置(方法)を組み合わせて、
最良の矯正を、患者さまの御希望に添いながらすすめていきます。
例えば、
「なるべく歯を抜きたくない」
「期間を短く、集中してしたい」
「見えない矯正が良い」
「費用はどのくらい?」
など、御希望、ご不安や疑問をお聞きしながら
計画をたてます。

矯正は費用も期間もかかり、決して楽なものではありません。
でも、きれいな歯並びとなった時の喜びは
代え難い喜びと、達成感があります。

長くお付き合いすることとなる治療です。
安心できる、信頼できる歯科医院を選びましょう。

当院の主な矯正方法をご紹介します。

 メタルブラケット
金属の矯正装置を歯の表側につける方法。
従来から行われている矯正です。

 
 セラミックブラケット
セラミックの矯正装置を歯の表側につける方法。
金属に比べ白いので、あまり目立ちません。

 
 アクアシステム
透明なフレームをかぶせる方法。
費用が安く、取り外しできるのが特徴です。

 
 舌側矯正インコグニート
歯の裏側にオーダーメイドの装置をつける方法。
見えないため、矯正していることが全くわかりません。下記を御参照ください。

 




 
TrackBack URL : ボットからトラックバックURLを保護しています

見えない、裏側からの矯正

歯の裏側から行う舌側矯正インコグニートは
矯正装置が全く見えません。
舌側矯正は十数年前からありましたが、
治療しにくい、装置に舌があたってゴツゴツする等の問題点があり
なかなか普及しませんでした。
そのような問題点を解決したのが、ドイツのビッヒマン博士による
インコグニート(米名アイブレイス)です。
従来の舌側矯正と比べてみましょう。

1.装置が薄くできている
インコグニートの装置              
従来の裏側からの矯正の装置
 
mienaisouchizushiki_1.gif
 
jyuuraisouchizushiki.gif

絵にするとあまり差はないように思われるかもしれませんが
歯の裏側すべてにこの装置がつきますので
違和感が全然違います。
発音もしやすく、装置にも慣れやすいと言えるでしょう。

2.アレルギーがおこりにくい
アレルギーのおこりにくい、厳選した材質です。

3.装置はドイツで、コンピューターとロボットが
精密に製作
患者様の歯にぴったり貼付くよう作られることで、違和感を最小限に押さえています。
インコグニートは、装置をつけたあとの調整が非常に難しく
確かな知識と経験を必要とします。
博士のコースを受講・終了しないと、研究所のサポートを受けられません。
院長はもちろんコースを終了し、

開発者のビッヒマン博士と技術提携を結んでいます。

サポートをうけ、研究所のブレインと連携しながら最良の治療を行っています。


DSCN1043.jpg







開発したビッヒマン博士と。
(2007年7月韓国ソウルでの世界舌側矯正学会で)





 
TrackBack URL : ボットからトラックバックURLを保護しています