高見馬場歯科 〜根管治療で生涯自分の歯〜   裏側からの矯正、セカンドオピニオン〜

セカンドオピニオンとしての役割も

セカンドオピニオンを求めてご来院される患者様が多いのも、
高見馬場歯科の特徴です。
様々な勉強会に出席しているからでしょうか。
他院、友人の医師から、ご意見を求められることも多いです。

例えば‥
他院で「歯を抜かなければならない。その後はインプラントを」と言われた場合‥
米国式根管治療を行っているため、
患者様から「本当に、抜く以外治療法がないのですか?」というご相談を受けます。
この場合は、診療ののち、当院としての治療方法をご説明いたします。


もちろん当院も、インプラントは致します。
ですがそれは最後の手段として‥です。
むやみにインプラントを勧める歯科医院があり
とても憂えています。
歯は、抜いてしまったら終わりなのです。

患者力」という言葉があります。
これからは患者様も、
医師のいうとおりに治療するだけでなく色々な治療法の情報を集め、
それを自分で選択していくことが大切です。


情報は一般的にネットが主流ですが‥
ネットは無責任な部分もあるかもしれません。
セカンドオピニオンとして信頼できる医院に相談するのは
ひとつの方法でしょう。


(説明する医師のお人柄も、
医院を決める大きなポイントだと思います。
信頼して長くお付き合いできそうか‥
診療よりも経営に熱心ではないか‥
冗談が面白いから等ではなく
診療に対する姿勢や人格を判断基準にすると良いでしょう)

歯は、抜いてしまったらもう終わりです。
インプラントは最後の治療法とお考えください。
抜く前にどうぞ、ご相談ください。


もちろん、根管治療だけでなく
すべての治療についても、ご相談にのっています。


まずは、お気軽にご相談ください。
099−227−0118高見馬場歯科

 
TrackBack URL : ボットからトラックバックURLを保護しています